大学職員の転職活動

【大学事務の志望動機】転職の場合の書き方を例文で解説!

大学事務を目指している方の中には、

志望動機をどのように書いたらいいのか?で悩んでいる方は多いのでは無いでしょうか。

一般事務や営業職等と違って、大学事務は母数そのものが少ないです。

「なぜ、大学事務なのか?」「なぜ、この大学なのか?」の明確な志望動機をアピールするようにしましょう。

大学事務の志望動機

大学事務 志望動機 転職

(大学事務に転職するには?志望動機の書き方を例文つきで解説します)

↓未経験から大学事務を目指す人は、志望動機を書く際には以下の3つのポイントを押さえてください。

志望動機作成のポイント3つ

  1. なぜあえて大学事務の仕事をしたいのかを明確にする
    なぜ大学事務の仕事をしたいのかを書くことは志望動機の根幹ともいえます。
    数ある職種の中から、大学事務という職種を選択している、つまり、しっかりとその理由を明記する必要があるということです。
    そのためにも、事前準備として、自問自答を繰り返して自己分析をしておく必要があるといえるでしょう。/li>
  2. 「この大学だからこそ志望した」という内容を書く
    大学事務の仕事といっても、日本全国に約800もの大学がありますので、大学側としても「なぜ本学に応募したのか」は気になるポイントの1つです。
    理由が不明確であれば、仮に採用したとしても他大学に転職することだって考えられるため、大学側は応募者を慎重に見極める必要があるということです。
    そのためにも、各大学の特色や情報を徹底的に調べておく必要があるといえます。
  3. 大学事務の仕事に活かすことのできる過去の経験やスキルを書く
    前職の経験や保有している資格等を活かし、大学事務として活躍したいという想いをアピールしましょう。
    自分自身のこれまでの経験や資格は、あなた自身のブランド価値を上げてくれる貴重な材料となります。
    大学事務採用の特色として、大学事務経験の有無は問われませんので、安心してください。/li>

以下では、上のポイントを押さえた志望動機の例文を紹介します。参考にしてみてください。

大学事務の志望動機例文①:営業職からの転職の場合

私が貴校を志望する理由は、貴校の教育理念である「〇〇」に共感し、その教育理念の元で働く教職員と協働し、貴校の成長に貢献したいからです。
前職では4年間〇〇の営業として働き、社会人基礎力はもちろん、対人スキル等のコミュニケーションの重要性を学び実行してきた経験を活かし、大学事務として活躍したいと考えます。

大学事務の志望動機例文②:銀行員からの転職の場合

私が貴校を志望する理由は、貴校の地域に対する積極的な活動等から社会における貴校への期待値が高く、その取り組みを中心とした中長期計画に共感したからです。
また、前職の銀行員時代で得たコミュニケーション能力やスケジュール管理能力を活かし、学生や教員との対応や各部署における事務処理で貢献したいと考えます。

大学事務の志望動機例文③:接客業からの転職の場合

私が貴校を志望する理由は、グローバル化を積極的に進めている貴学で働くことで、これまでに培った英語スキルや接客業で得たコミュニケーション能力を活かすことができると考え、貴校を志望しました。
また、私自身が学生時代に語学留学を経験していたこともあり、貴校の語学留学制度を拝見し、私が考える想いに近いものがあり強く共感したため、一人でも多くの学生にその素晴らしさを伝え、学生が成長できるフィールドを数多く提供したいと考えます。

大学事務の面接で「なぜ本学を志望されましたか?」への答え方

面接での定番の質問として「なぜ、本学を志望されましたか?」というものがあります。

いわば「志望動機の面接版」ですが、応募書類での志望動機とは違って、面接ではより積極的に、具体的内容でアピールできるようにしておきましょう。

以下ではいくつかこの質問への回答例を紹介いたします。

面接での志望動機の答え方(例文①:向上心をアピールする場合)

私が貴学を志望する理由は、貴学の教育理念である「〇〇」に共感し、その教育理念の元で働く教職員と協働し、大学の発展に貢献し、同時に自分自身も成長したいからです。
また、その教育理念の元で成長した学生が社会に貢献し、そして、社会からの貴学に対する期待に応えるためにも、1人でも多くの学生が成長できる環境やサービスを提供し、その一つ一つの積み重ねが、社会や地域への貢献に繋がると考えます。

面接での志望動機の答え方(例文②:共感をアピールする場合)

私が貴学を志望する理由は、〇〇や〇〇等の学生支援の取組みに力を入れ、同規模大学の中でも特に、学生一人一人との距離が近く、学生に寄り添った大学であることに共感したからです。
その充実した学生支援が特色である貴学の大学事務として働き、その特色にさらに磨きをかけ、さらなる貴学の発展に貢献したいと考えます。

面接での志望動機の答え方(例文③:愛校心をアピールする場合)

私が貴学を志望する理由は、学生時代4年間お世話になった貴学に恩返しがしたいからです。
貴学での勉強をはじめ、クラブ活動や委員会活動、ノートテイク等、貴学の学生として過ごした4年間で得たものは、宝物であり、現在の私の土台となっています。
その背景には、貴学の先生や職員等のたくさんの方々の支援があったからこそだと考えます。
私自身を成長させてくれた貴学の大学事務として、貴学の発展のために働きたいと思い、応募させていただきました。

-大学職員の転職活動

Copyright© 現役の大学事務職員がこっそり教える転職活動のポイント , 2020 All Rights Reserved.